職場やオフィスとは別の場所で仕事をする働き方をリモートワークやテレワークといいますが、コロナ禍の影響もあり自宅で業務をすることが奨励されるようになりました。自宅で仕事をする働き方に在宅ワークや在宅勤務、内職などがありますが、これらの意味の違いは何でしょうか。

今回は、在宅ワークと在宅勤務、そして内職の意味を明確にするとともに、在宅ワークの主な職種とその仕事内容を解説します。

さらにこれから在宅ワークに関心がある人に向けて、在宅ワークを始める際の注意点や仕事を探すためのおすすめサイトをご紹介します。

在宅ワークとは?

在宅ワークとはどのような働き方を意味しているのでしょうか。よく似ている言葉にテレワークや在宅勤務、内職などありますが、それぞれ働く場所や雇用の形態に違いがあるようです。ここでは、在宅ワークの意味とテレワークに代表される在宅勤務や内職との違いを解説します。

在宅ワークの定義

厚生労働省のホームページによると、在宅ワークは自営型テレワークと同義とされており、注文者から依頼され、情報通信機器を活用して主に自宅において、成果物の作成又は役務の提供を行う就労と位置づけられています。

つまり、在宅ワークとは自宅やカフェ、コワーキングスペースで主に情報通信機器を利用した働き方であることが分かります。

参考:厚生労働省「情報通信機器を利用して自宅などで仕事をしている方へ(自営型テレワーク(在宅ワーク))」

在宅ワークと在宅勤務との違い

また、テレワークを導入する企業やコロナ禍の影響で在宅勤務を奨励する会社も増えてきました。この在宅勤務と在宅ワークの大きな違いは雇用形態にあります。

在宅ワーカーは基本的に個人事業主であり会社員ではありません。企業に雇われない働き方が在宅ワークなのです。そのため、以下のような特徴があります。

企業に雇用される立場ではないので、雇用保険の被保険者にはなれないことや労働基準法などの労働保護法令の適用対象には該当しません。また、基本的には国民年金や国民健康保険への加入することになっています。さらに、税金に関しても自分で確定申告をする必要があります。

内職との違いは?

次に、内職と在宅ワークはその雇用形態と労働保護法令に違いがあります。

内職とは、企業やメーカーに雇われることによって原材料を受け取り、基本的に自宅で作業を行います。場合によっては事業所や物流センターで検品や梱包までの軽作業をする場合もあります。

仕事の内容としてはシール貼りや値札付け、製品の袋詰め、製品の組み立てや加工、アクセサリーの作成などが挙げられます。

法律上は被雇用者であるため、内職ワーカーには最低金額の作業工賃や安全性など必要な労働環境を保証する家内労働法が適用されているのが特徴です。

在宅ワークのメリットとは?

上記のように在宅ワークとは、自宅や自宅に準ずる自分で選んだ場所で、企業に雇われない働き方といえます。

在宅ワークは就業時間や賃金などを保証する労働保護法令などの適用対象ではないことや、税金や保険を自ら考える必要がありますがメリットも大きいようです。次にこのような在宅ワークをすることのメリットを挙げていきます。

好きな時間に自宅で仕事ができる

在宅ワークは9時から18時などといった勤務時間が決まっていないので、自分の好きな時間に仕事ができることが特徴です。

時間の都合をつけやすいことから、育児や家事の両立ができるので主婦の在宅ワーカーも増えています。自分らしく働きたいと願うシニア層にも定年後のキャリアデザインができる可能性も注目されているようです。

また、介護などの理由で決まった時間に自宅にいなければいけない人にとっても、時間の融通が利きやすい在宅ワークは魅力があるでしょう。

勤務地までの通勤にストレスを感じることがない

出勤の必要がない在宅ワークは、通勤時間を別のことに有効に使えることがメリットです。東京都に住んでいる人の平均通勤時間は片道43.8分であり、神奈川県や千葉県など東京近隣に住む人に至っては片道平均1時間から2時間というデータもあるのです。通勤時間を無駄だと感じる人も多いでしょう。

参考:統計情報リサーチ

また、通勤時間帯のラッシュで満員電車に乗ったり渋滞に巻き込まれるストレスから解消されますし、雷雨や猛暑などの悪天候にも左右されないことも特筆すべき点でしょう。働く場所に制約がなく、気分転換に自宅以外のカフェやレストランで仕事をすることも可能なのです。

職場の人間関係に悩むことがない

在宅ワークは人と直接会って作業をすることが少ないので、会社勤務のように上司や同僚、取引先の人との関係に悩むことはあまりないとされています。人と関わることが苦手ですぐに疲れてしまうという人にとって、在宅で自分のペースで仕事ができることはメリットでしょう。

また、会社の飲み会や週末のゴルフの接待などは、就業時間や就業日以外のときにおこなわれることがほとんどです。在宅ワーカーにはこのようなイベントがないので、職場の人間関係がプライベートの時間にまで影響を与えることはまずありません。

自分の得意を活かしスキルアップが望める

在宅ワーカーの多くは自分の得意分野を活かせる職種を選んでいるようです。例えばパソコンスキルを持っている人は簡単な文書作成やデーター入力などから始めると良いでしょう。経験や実務を重ねることで難しい案件にも挑戦することができるため、スキルアップも望めます。

また、翻訳やWebデザイン、システム開発など専門性の高い分野での職務経験やスキルがある場合には、さらなるスキルアップのチャンスや高単価の案件獲得も可能になります。

在宅ワークにはどんな仕事内容がある?

在宅ワークは自宅において主に情報通信機器を活用して仕事をします。情報通信機器とは代表的なものとしてパソコンやスマートフォン、タブレットをはじめ、通信の機能は持たないものの情報を記録するコピー機やビデオ/DVDプレーヤー・レコーダー、デジタルカメラなども含まれます。

では次に在宅ワークにはどんな仕事があるのかご紹介します。

データ入力

データ入力の仕事内容は、プリントされた資料やPDF、スキャン画像の情報をWordやExcelに入力してデーター化することです。企業の顧客情報や名刺、売上データ、伝票・領収書、アンケート結果、会議の議事録などデータ化する情報は多岐にわたります。

必要な資格はありませんが、パソコンの基本的なスキルは必須でしょう。タイピングの他、WordやExcelに代表されるOfficeツールやGoogleツールなども使えることが条件となります。

データ入力の在宅ワークは、ルールに従って入力していく単純な作業であることや基本的なパソコンスキルがあれば始められるので初心者におすすめです。しかし、クラウドソーシングサービスに掲載される募集案件ではデータ入力1件あたり10円~50円が相場となっており単価が高いとはいえません。

翻訳

在宅でできる翻訳には次の4つに分類されます。

・出版翻訳

・産業翻訳

・映像翻訳

・その他翻訳

出版翻訳は海外の小説やビジネス書など紙媒体のものを翻訳することが特徴です。産業翻訳は高い専門性が必要とされるITや法律、医療、金融などの分野が含まれるので高度な翻訳スキルが必要でしょう。

また、近年動画配信サービスが拡大していることもあり、洋画や海外ドラマ、海外Youtuberの動画の翻訳の需要も高まっています。その他に分類される海外のニュースやブログ、レシピ、ゲーム、漫画などは初心者でも始めやすいことが多いでしょう。

英語など外国語のスキルはもちろんですが、日本語力や読解力、文章力のほか、翻訳するジャンルに対する豊富な知識が必要です。本格的に翻訳の仕事をする場合には翻訳会社に登録することをおすすめします。

記事作成・ライティング

初心者でも在宅ワークとして始めやすく、クラウドソーシングサービスで最も案件数が多いのが記事作成・ライティングではないでしょうか。インターネット上のサイトに掲載する記事の文章を作成する仕事です。

記事の内容はファッションや芸能、美容、健康、育児などから医療や法律、税金、保険、金融と幅広いジャンルやテーマがあることが特徴です。インターネット環境とパソコンさえあれば、自分の得意とするジャンルを選んでライティングすることができます。

報酬は書いた文字に対する単価が決められていることが多く、1文字0.1円~数10円と幅があります。法律や税金など高い専門性が必要なジャンルの案件の単価は高い傾向にありますがそれだけ難易度も高くなります。

テープ起こし・文字起こし

Webメディアや雑誌、新聞などさまざまなところで需要があるのがテープ起こし・文字起こしです。インタビューや会議、講演などで録音された音声データを、実際に耳で聴き取りながらその内容を文字にして文章を作成します。

話し言葉である音声データをそのままその通りに文字にすることを「素起こし」といいます。また、言い間違いや意味のない言葉などの不要ヶ所を取り除く「ケバ取り」や、さらに内容を分かりやすく文語調に整える「整文」などの修正をする場合があります。

コールセンター・カスタマーサポート

コールセンターやカスタマーセンターの主な仕事の内容は、通販の注文受付や操作案内のテクニカルサポート、商品やサービスの販売業務です。これらの仕事を完全に在宅で行うこともできます。マニュアルが徹底していることや、1本の電話ごとに報酬が発生するなど未経験者でも始めやすいことが特徴です。

以下に完全在宅でできる「コールシェア」をご紹介します。

ZOOMを活用した丁寧な研修では、電話対応などのビジネスマナーから実務に関するすべてを学びます。研修後の簡単なテストに合格すると仕事の紹介をしてもらえるので未経験から始めることも可能です。

基本的にはスマホひとつあれば可能な業務となっていますが、自宅に業務ができる環境がないという人には、快適に業務を進めることができる機材の有料レンタルサービスもあります。また、業務中はChatworkで専属のスタッフが常にサポートできる体制なので安心です。

「コールシェア」を運営している株式会社コールナビは東京の恵比寿に本社を構え、コールセンターに特化した大規模な求人サイトを提供していることも安心に繫がります。

事務系経理や営業・秘書業務

企業で一般事務や庶務、営業事務の経験がある人であれば、在宅でほぼ同じ事務系の仕事ができるでしょう。仕事の主な内容を以下に挙げます。

・WordやExcelでの資料作成

・請求書や領収書の作成

・銀行の出入金の確認

・顧客とのメールや電話での対応

・上司のスケジュール管理や出張の手配

・商品の発注

・ブログやSNSの運営

案件募集要項には「事務経験〇年以上」と記載されている事が多いので経験者なら挑戦しやすいといえます。会社勤務の場合と違う点は、仕事の連絡や指示がすべてオンライン上でのやり取りになることです。また、Officeツールやパソコン操作に慣れていることや新しいアプリやソフトが使いこなせるかも大切なポイントでしょう。

在宅ワークを始めるときに注意すること

企業などに雇われた会社員ではない在宅ワーカーは、労働保護法令や税金、保険などの面で自分で管理すべき点があることを先に述べました。これら以外にも、在宅で仕事をする場合ならではの注意点もあります。ここでは、実際に在宅ワークを始める際に気をつけるべきポイントを解説していきます。

必要な資格やスキルがあるか確認する

在宅ワークでは、仕事上のやり取りや業務のほとんどすべてをオンラインで行うことになります。基本的なパソコンスキルはもっていることが必須です。また、クライアントとのやり取りで活用されるChatworkやSlackの使い方や機能を知っておくと良いでしょう。

そして、在宅ワークに代表される職種の中には高度な知識やスキルが必要な場合もあります。特に翻訳の分野においては外国語や日本語の語学力の他にも専門知識や実務経験が必要ですし、在宅事務系の仕事の募集はどうしても経験者が優先されることを覚えておきましょう。

職種によって面接や研修・試験がある場合がある

在宅ワークを始める際に職種によっては面接や研修が必要な場合もあります。特にカスタマーサポートやコール業務など顧客と直接やり取りを行う在宅コールセンターは、オンラインでの面接や研修があることが多いようです。同様に在宅事務系営業や秘書業務においても、事務能力の他に顧客に対応できる最低限のビジネスマナーを重視されるでしょう。

高度なスキルや実務経験を要する翻訳を始める際には、翻訳会社に登録するためのトライアル試験を受けることでスキルをアピールすることができますし、案件の単価アップを狙うことも可能になります。また、初心者が始めやすい記事作成・ライティングにおいても、基本的にトライアルやテスト記事を書くことが多く、その結果によって案件に対する文字単価が決定されるようです。

給与体系や報酬の仕組みをよく確認する

在宅ワークによって得られる給与体系や報酬の仕組みや支払われ方はどうなっているのでしょうか。

給与体系は大きく以下の3つの分類されます。
・時給型
・成果報酬型
・文字単価報酬型

時給型とは勤務時間1時間あたりの作業に対して報酬が発生するのに対して、成果報酬型は成果物に対して報酬が発生します。例えば、在宅コールセンターでセールスの電話をかける業務の場合、1件の成約に対して報酬が支払われる仕組みです。

また文字単価報酬型は、主にデータ入力やライティング、翻訳に見られる給与体系で、1文字あたりの単価×入力した文字数で報酬が発生します。

業務ができる環境が整っているか確認する

在宅ワークを始める際に基本的にはインターネット環境とパソコンがあれば十分なことが多いようです。「コールシェア」が提供する在宅コールワークのようにスマホだけでもできる仕事もありますが、パソコンとヘッドフォンがあるとより効率的に作業ができるといわれています。また、テープ起こし・文字起こしの業務にはイヤフォンがあると便利ですし、他の音に邪魔されないような静かな環境が必要でしょう。

このように、オンライン上でのクライアントや顧客とのやり取りがスムーズに行うことができるインターネット環境とパソコン周辺機器に加え、それぞれの職種ごとに必要な機材を確認することが重要です。

在宅ワーク向けクラウドソーシングサービス・サイト

では在宅ワークを始める際はどのように案件を探すと良いのでしょうか。

取り扱うジャンルの幅が広く初心者でも安心なクラウドソーシングサービスや在宅ワークの案件に特化した求人サイトがおすすめです。また、クラウドソーシングサービスにはクライアントと直接取り引きできる場合もあります。

高めの単価設定【クラウディア】

登録会員数100万人以上の日本最大規模のクラウドソーシングサービスのクラウディアの特徴は、他社と比べて単価が高いことと、業界の中で手数料が最安値である点でしょう。

掲載案件のジャンルも幅広いと評判ですが、クラウディアを運営する株式会社エムフロは、無料ホームページ作成サービスやレンタルサーバーなどのWeb事業を展開していることもあり、掲載されている案件の中でもWeb関連のものに強みがあります。

全国のママを応援【ママワークス】

2015年にスタートしたばかりのママワークスは「全国のママを応援する求人Webサイト」を掲げ、現在登録会員数が17万人を超えています。子育てや家事の合間でもできる在宅で仕事をしたい主婦に特化した案件を掲載していることが特徴です。

また、Webサイトには働くママとして役立つ情報が紹介されていたり、電話やメールでの仕事のカウンセリングから求人紹介なども行っています。

公式サイト

まとめ

「在宅で仕事がしたい」という理由や目的は人によって違いますが、自分のライフスタイルにより合った働き方のニーズは確かに高まっているといえるでしょう。これまで会社勤務が当たり前だと考えられてきた職種であっても、自宅に業務をするための環境が整っていることや十分なスキルがあれば在宅ワークは可能なのです。

ただし、雇用主がいない在宅ワークの働き方は、労働保護法令の適用外であることや税金や保険に関しても自分でやらなければいけないことが多いことも知っておくべきでしょう。在宅ワークを始めるにあたり注意点もよく検討し、より自分らしく働けるよう願っています。