近年、働き方が大きく変わる中、リモートワークを導入する企業が増えてきました。

働く側にメリットが大きいといわれるリモートワークやテレワーク、在宅ワーク、モバイルワークなど、さまざまな働き方が取り上げられていますがこれらの違いは何なのでしょうか。

今回は、リモートワークとはどんな働き方なのか、そしてそのメリットを最大限に活かすために知っておくべき注意点やポイント、そしてリモートワークに向いているレンタルオフィスや仕事・案件が見つかるサイトをご紹介したいと思います。

リモートワークとは?

近年のリモートワークの普及にともない、より自分らしく働きたいとワークライフバランスを実現させたいと願う人が増えています。

このコロナ禍でますます働き方が多様になっていく中、いま一度リモートワークとテレワーク、在宅勤務の違いを解説していきます。

リモートワークの定義とテレワークとの違い

リモートワークとは、自宅やカフェ、シェアオフィスなどオフィス以外の場所で仕事をする働き方をいいます。

同義語として使われる「テレワーク」ですが、厚生労働省の定義によると「情報通信技術(ICT)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」をさします。テレワークと言われるのは、Tel(離れて)とWork(仕事)を組み合わせた造語です。要するに本拠地であるオフィスから離れた場所で、ICTをつかって仕事をすること、働き方を実現することを意味しています。

リモートワークとテレワークの働き方における違い

このリモートワークやテレワークはオフィスや職場以外での働き方の違いによって、さらに大きく2つのパターンに分けることができます。

・外勤スタイル

例えば外回りが仕事の中心となる営業職の人はなかなかリモートワークの導入が難しいと言われていますが、モバイル端末をフル活用することでオフィスでの作業をなくし、直行直帰する場合、これはリモートワークの働き方になります。

・内勤スタイル

いわゆるリモートワークが可能な職種の人や企業が導入している働き方です。作業スペースはカフェやシェアオフィス、サテライトオフィスなど場所はさまざまですが、自宅である場合を在宅勤務といいます。

リモートワークを実施するメリット 

リモートワークは導入する企業側にも、優秀な人材が確保できることやオフィス関連のコストを削減できるなどのメリットがありますが、ここでは働く側のメリットをみていきましょう。

通勤時間などの短縮によって時間を有効に使える

毎日長い時間をかけてオフィスまで通勤した経験のある人にとって、リモートワークで通勤によるストレスがなくなるのは最大のメリットではないでしょうか。忙しい社会人ならではこそ、時間を有効に使えることのありがたみを知っているはずです。

家族と一緒に過ごす時間が増えると、家族との交流も増え、仕事だけでなく、生活とのバランスも実現しやすくなります。また、通勤時間がなくなることで、これまでできなかったスキルアップなど、自己投資のための時間も確保しやすくなるでしょう。

育児や介護との両立がしやすい

結婚や出産を機にそれまで続けてきた仕事を辞めてしまったり、配偶者の転勤が理由で職場を辞めることになってしまうなど、特に女性にはこのケースが多いようです。

常駐でかつフルタイムの仕事は、育児だけでなくいずれ訪れる親の介護によっても両立が難しいのです。

一度ブランクがあいてしまうとなかなか元の立場に戻れない仕事も、リモートワークをすることで働く場所を自分で選び、家族の状況に合わせてワークバランスが取れることは魅力的です。

住んでいる場所に関係なく働く場所を選べる

特に地方に住んでいる人にとって、職業を選ぶときに就業場所がどこになるのかは重大項目のひとつです。都心にどうしても仕事が集中してしまう傾向にありますが、リモートワークがさらに普及すれば、やりたい仕事のために引っ越しする必要はなくなるかもしれません。

また、オフィスの場所に関係なく、住む場所を選べるともいえます。

多くの人がオフィスから近い場所やアクセスの良い場所に住みたいと思っているのではないでしょうか。しかし、リモートワークがさらに普及するとオフィスの場所は自分の住む場所に影響を与えなくなるので、自分の好きな場所で自分の好きな仕事を選ぶことができるのです。

リモートワークを実施するデメリット

リモートワークのメリットは、これまで当たり前のように我慢してきた問題点をうまく解消できるものですが、リモートワークを実際に始めている人からよく聞かれるデメリットを挙げていきます。

プライベートの区別がつきにくい

リモートワークの中でも在宅で仕事をしている人は、プライベートとの区別がつきにくいといったデメリットが大きいようです。会社勤務であれば、起床してから出社までに身支度を整えることなどが仕事モードへの切り替えになっていたでしょう。しかし、リモートワークの中は、自分で気持ちを切り替える方法を見出す必要があります。

企業としてリモートワークを導入しているという場合にも、他のメンバーの目がないこともあり、休憩時間や終業時刻を大幅に超過してしまうなどの問題もあります。そのため、リモートワーク 中の生産性をあげるには、仕事への切り替えができるように工夫しなけばいけません。

社内全体やメンバーとの情報共有の難しさ

リモートワークにおける会社内やメンバー間での情報共有の手段は、主にオンラインでのやり取りです。ZoomやSkypeなどは相手の顔の表情を見ながら会議することも可能ですが、情報共有には圧倒的にメールやメッセージを使うことが多いのではないでしょうか。

些細な内容でも文字にして相手に伝えることは、簡単なようでいて難しいことなのです。特に不慣れな場合は、伝え忘れや説明不足によって信用や誤解を招いてしまう可能性があります。あらかじめ、どういった情報伝達の手段を実施するか、決めておく必要があります。

デスクやチェアなどの準備が必要

リモートワークで効率よく仕事をするためには、自宅にデスクやチェアを用意する必要があります。その他にもテレビ会議をスムーズにできるだけのインターネット環境、遮音性に優れた個室などが挙げられます。職種によって必須アイテムが異なりますが、これらのものを自宅にすぐに準備できるかというと困難です。

リモートワークではどうしても必要なものが手に入りにくいという理由で、オフィスで仕事をしたほうが効率的といった意見もあげられるため、必要な準備をどの期間で揃えるのかまで考慮して実施するようにしましょう。

リモートワークの注意点や知っておくべきポイント

では上記のようなリモートワークのデメリットを踏まえて注意する点や、リモートワークならではの知っておくべきポイントを解説します。

就労時間の管理

リモートワーク、特に在宅ワークでは仕事とプライベートの切り替えが難しいので、ご自身で就業時間の管理をする必要があります。

例えば出社していた経験がある人なら、デスクで作業を始める前に必ずコーヒーを飲むなど自然とそのような切り替えをしていたのではないでしょうか。

また、会社勤務では労働基準法で定められた労働時間などが決められていましたが、フリーランスで活動する場合にはその法律の適用対象外であることにも注意が必要です。

報告・連絡・相談を怠らない

リモートワークを成功させるには、社内のメンバーとの情報をいかに共有できるかががポイントになります。社会人としてのマナーである「報告・連絡・相談」を徹底的に行いましょう。

些細な問題点やお互いの仕事の進捗状況、そして仕事に対する評価などもしっかり伝えることで、リモートワークを円滑にすることができます。

情報漏えいの防止やセキュリティの確立

リモートワークを導入している企業が一番頭を悩ませている項目がセキュリティー対策です。社内と同様の保護がされていない自宅のパソコンを使っての業務や公共の無線LAN(Wi-Fi)を利用しての作業は情報漏えいの危険性が高いのです。

これらの対策としては、企業がリモートワーカーの端末とそのアカウントをしっかり管理する、あるいは指紋などの生体認証やワンタイムパスワードなどの導入が必要でしょう。

また、端末上のデータの暗号化の強化や端末にデータを保存しない手法をとるなどの対策も有効です。

リモートワークに最適のレンタルオフィス

いろいろな理由から自宅では快適なリモートワークができない、という人はレンタルオフィスやコワーキングスペースを借りることも有効な方法です。

リモートワークに必要なインターネット環境やオフィス家具用品が完備されたサービスを提供しています。

フレキシブルなレンタル期間が魅力【Regus】

Regusは世界120ヵ国3,000拠点世界最大のネートワークをもつレンタルオフィスサービスを提供する他、日本国内100以上のコワーキングスペース拠点を展開しています。

Regusのレンタルオフィスは1日、1週間、1年単位で借りられるフレキシブルな期間設定が特徴です。また、リモートワークに必要な設備やIT環境が完備されているのでその日からすぐに仕事を始めることができます。

コワーキングスペースは基本的に利用するデスクの数に応じて料金が発生するシステムです。また、専用のデスクスペースの予約をすることも可能となっています。

24時間365日利用可能【レンタルオフィスBIZcircle】

レンタルオフィスBIZcircleは全国に100以上の拠点をもつレンタルオフィスを展開しています。

保証金・敷金は一切かからず、入会金の60,000円と清掃費10,000円の初期費用でレンタルオフィスを借りることができます。入会金無料のキャンペーン時に契約するとよりお得です。

レンタルオフィスの使用料はその立地場所やスペースの広さによってさまざまですが、使用料と共益費の中に水道光熱費やネット回線の使用料も含まれるため、毎月定額で利用が可能となるのが特徴的です。

また、BIZcircle会員であれば月額10,000円のオプションで、同系列会社が運営するBIZcomfortのコワーキングスペースを利用することも可能になります。

法人登記が可能【SERVCORP】

SERVCORPは、家具やIT設備が整った遮音性の高い完全個室型のレンタルオフィスを月額100.000円から提供しています。また、月額25,000円からコワーキングスペースも借りることができます。

日本国内では東京、横浜、大阪、名古屋、福岡の5大都市、さらに約150の海外の主要都市にも拠点をもっています。

また、個人事業主やフリーターから法人化や会社設立を検討している場合、登記に会社の住所を記載する必要があります。SERVCORPは法人登記が可能なレンタルオフィスのひとつです。

リモートワークができるおすすめの仕事や案件をご紹介

リモートワークをするメリットを最大限に活かすためには、先に述べたようなデメリットや注意点を払拭できる仕事や案件を探すとよいでしょう。

次にリモートワーク向けの仕事を紹介しているおすすめのサイトをご紹介します。

リモートワーク案件が多数【リモートビズ】

リモートビズはリモートワークに特化した求人や案件、お仕事を紹介するフリーランスエージェント。運営会社はIT業界に精通しているため、高単価な直案件やエンジニアやデザイナー向けの案件が多いのが特徴です。

紹介されるリモート案件はすべて自宅で作業できる内容であることに加え、フルタイムではなく週2日や3日、あるいは土日のみといった稼働時間でOKの案件の掲載も多数あります。また、固定報酬ではなく稼働時間単位で給与が支払われる仕組みをとっています。

完全在宅コールセンター【コールシェア】

コールシェアは2017年7月にスタートした在宅コールセンターで、完全在宅で行うコールワークを提供しています。パソコンやネット環境に影響を受けないスマートフォンだけでもできるのが特徴です。

経験者向けならセールスコールワーカーとして特定の商品やサービスの営業が主な仕事で、成約できれば1件につき35,000円~100,000円程度の高報酬が期待できます。

また、未経験者であれば、法人や個人向けに簡単なアンケート調査といったリサーチワーカーとしてスタートすることもできます。

フルリモートの求人多数【Reworker】

Reworkerに掲載されている求人は、在宅、時短、副業がOKのほとんどすべてがリモート案件です。マッチングした企業に本人が直接応募するタイプの求人サービスを提供しています。

運営会社である株式会社キャスター自体がすべての社員にリモートワークを取り入れている他、登録後の担当者とのカウンセリングや案件紹介などの一切をオンラインで完了できるのも特徴的です。

エンジニアやデザイナーをはじめ、ディレクター、ライター、セールス、コーポレートスタッフ、事務アシスタントなどの職種カテゴリーでの検索が可能となっています。

まとめ

リモートワークでの働き方で得られるメリットは、これまで週5日のフルタイム勤務や就業場所が遠いなどの理由で仕事を諦めていた人にとってとても魅力的があります。

しかし、コロナ禍の現状でリモートワークを導入する企業が増えたことによって、そのメリットだけではなく、デメリットや注意点も浮き彫りになったといえるかもしれません。

個人でも注意すべき就労時間の管理や情報共有の徹底の他、企業クライアント双方のセキュリティ対策などの課題も多いでしょう。しかし、リモートワーク案件が今後増えていくと予想されているのは事実です、

今後リモートワークで仕事を始めたい、あるいはさらに快適にリモートワークを進めたいと思っている人の参考になれば幸いです。