働き方改革の推進を受けて、長時間労働の是正や生産性向上への取り組みが企業・個人に求められています。そんな中で、フリーランスはワークライフバランスを実現できる働き方として注目を集めています。

フリーランスの仕事として、人気の1つが「イラストレーター」です。フリーランスのイラストレーターとして、長く続けていくためには、案件を獲得する方法や必要なスキルを把握しておかなければいけません。そこで今回は、イラストレーターの仕事内容や必要なスキル、フリーランスが案件を獲得する方法などを解説します。

イラストレーターの仕事内容とは

イラストレーターは、雑誌やポスター、パッケージなどに絵を描くことが仕事だというイメージが多いのではないでしょうか。しかし、具体的にはどのような仕事なのかわからない点が多いでしょう。そこで、イラストレーターの仕事内容について解説します。

依頼主の要求に沿ってイラストを作成する

雑誌や書籍の挿絵、漫画、似顔絵などは身近な分野ともいえますが、取扱説明書などに見られる分解図や投影図を作成するテクニカルイラストレータ、医学書などの解剖図などを作成するメディカルイラストレーターなど専門的な分野での仕事もあります。

依頼主の要求に沿ってイラストを作成するので、描きたいものを自由に表現するのではなく、あくまでも使用媒体のイメージや目的に合ったものを完成させなければいけません。

実際の仕事では、依頼主との綿密なコミュニケーションが求められます。イラストの内容や作成期間、納期、予算などを決めなければいけません。それからラフ画といわれる完成品の下書きを作成して、完成品に仕上げていきます。

デザインソフトを使いパソコン上で画像処理をする

イラストレーターの仕事は、デジタル画が主流になってきました。その際に欠かせないのがパソコンと「Photoshop」「Illustrator」といったデザインソフトです。パソコンとソフトを使えば、デッサンなどの基本的な画力を必要としないので、緻密なイラストや画像加工が容易になります。ペンタブレットは、液晶に絵を書き込むためのツールで画像処理がしやすいうえに管理もしやすいといったメリットがあります。

イラストレーターに必要なスキルとは

イラストレーターにはスキルが必要だといわれています。依頼主の要望を実現するためのイラスト作成には、どのようなスキルが必要なのでしょうか。

正確に物体を捉えるデッサン力や、カラーリングに必要な色彩理論、ユニバーサルデザインの知識や、編集ソフトを使いこなすことなど、あらゆる点で依頼主のニーズを満たすことが求められます。こうしたスキルや知識を学ぶためにどうすれば良いのか、ご紹介します。

デザインの基礎知識や美術史への教養も求められる

イラストレーターには、イラストやデザインに関する基礎知識が必要です。依頼主にイラストについて専門的な説明が必要となるからです。

ここに、デザインの基本原則の一例を挙げます。

  • 近接:情報をまとめることで理解しやすくするもの
  • 整列:位置や大きさや形を揃えて見やすくするもの
  • コントラスト:異なる要素を際立たせて区別するもの
  • 反復:特徴や性質を繰り返して使用するもの

パソコンとソフトがあればイラストの作成はできますが、イラストレーターとしてはデザインの基礎知識を学んでおくことも必要といえます。

また、デザイン史実についての知識も必要です。デザインの歴史は比較的浅く、19世紀ごろから発達したといわれています。イラスト作成には自身のオリジナルな画風も大事ですが、デザインがどのように発達してきたのか、時代を象徴するデザインを知っておくこともプロのイラストレーターには重要なことです。

専門学校に通って基礎を習得する

イラストの専門学校では、アナログ・デジタルでの描き方の違いや、色塗り・配色の法則、バランスよく物体を描くデッサン法など、イラストを作成するための基礎的な技術が習得できます。

また、デザインの専門学校では、ユニバーサルデザインの習得や、インフォメーションデザイン・ビジュアルデザインといった視覚的な情報伝達ノウハウの習得が可能です。

社会人であっても夜間・休日講義を利用すれば、新たな知識と技術が習得できます。座学が難しい、学校が近くにないという場合は、通信教育やオンラインスクールを利用するとよいでしょう。

制作会社に勤務して実績を積む 

フリーランスとして業務を請け負う際には、個人のスキルや実務経験が必要とされることが多く、制作会社に勤務して実績を積むという方法があります。

イラスト作成におけるスケジュール管理・予算管理・クライアントとの交渉などのノウハウを学ぶことができます。また、社会人としての一般常識やマナーも学ぶことができて、フリーランスとして独立する際に役立ちます。

グラフィックツールの資格取得する

イラストレーターになるための必須の資格はありませんが、仕事に関連するいくつかの資格があります。「Photoshopクリエイター能力認定試験」「色彩検定」「CGクリエイター検定」です。このような知識や技術を学ぶことは仕事に活かせる場合があるでしょう。イラストの専門的な分野を広げれば、活躍の場も増えていくことにつながるといえます。

フリーランスのイラストレーターが案件を獲得する方法

フリーランスのイラストレーターは、どのように案件を獲得するのでしょうか。フリーランスは、安定した収入を確保するためにも自分自身で仕事を探す必要があります。ここでは、フリーランスのイラストレーターが案件を獲得する方法について解説します。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングとは、依頼主とワーカーをインターネット上でつなぐマッチングサービスです。案件確保のために、多くのフリーランスがクラウドソーシングを活用しています。プロフィールに経歴や実績を記載しておけば、企業からスカウトされる場合もあります。報酬額や稼働時間を考慮して、目標設定して効率的に進めていくようにしましょう。

エージェントや求人サイトを利用する

求人サイトは、自分の要望を設定して案件を探すことができます。多くの企業や案件を知ることが可能ですが、フリーランスの案件は少ない可能性があります。

フリーランスやリモートワークに特化した求人サイトが便利です。エージェントは、案件を紹介するだけでなく、相談などのサポートを受けることができます。案件探しが初めての人には心強いともいえます。

知人や過去の取引先からの紹介

会社員時代に交流のあった知人や、取引先からの紹介で受注するという方法があります。具体的な企業情報などを知ることができますし、企業にとってもスキルや人材について事前に知ることができてメリットになります。仕事での信頼関係が築ければ、継続案件の獲得が見込めます。

SNSにイラストを投稿してみる

イラストレーターがSNSにイラストやグラフィックデザインを投稿するようになりました。イラストを投稿すること自体が営業となって、企業や個人から作成の依頼がくるというケースもあります。SNSの利用は手数料などがかかりませんから、案件獲得のツールとしてSNSを運用することも視野に入れてみましょう。

イラストレーターの案件獲得における3つの注意点

フリーランスは自分で仕事を探すとはいえ、案件ならどのようなものでもよいというわけではありません。イラストレーターが案件を獲得する際は、どのような点に注意すべきでしょうか。ここでは、イラストレーターの案件獲得における3つの注意点について解説します。

複数案件を抱える場合はタスク管理を徹底する

クラウドソーシングやエージェントサービスへの登録をすることで、日常的に案件の紹介を受けられるようになります。フリーランスには、常に安定した収入を得られるのか、という悩みがあります。複数の案件を抱えて、過密な日程で多くの業務をこなさなくてはいけないこともあるでしょう。

納期を守るためには、タスク管理が欠かせません。管理にはアプリやツールを利用したり、ガントチャートを自ら作成し運用したりすることでも、効率的な業務遂行が期待できます。期日を守ることは、契約違反を防ぎ、継続した案件獲得にもつながるため、徹底した管理が求められます。

相場を大きく下回る案件を請けない

イラストレーターとしての実績が少なく、ポートフォリオを充実させるために低い単価で案件を請け負う場合もあるでしょう。経験を積むためと割り切って業務を行うという考え方もありますが、あまりに低い単価に時間をかけていては効率良く稼ぐことはできません。ほとんどの業務には相場があります。相場を大きく下回る場合には、交渉するという選択肢も持っておく必要があります。

未経験者を募り、相場を大きく下回る金額で募集をする業者も存在します。また、納品しても未払いになる場合やテストと称して無報酬の場合さえあります。信頼できる業者かどうかを見極めるのは難しい面があるので、相場を大きく下回る案件は請けないようにしましょう。

著作権の帰属について契約内容を確認する

フリーランスには、自分が作成したイラストの著作権を侵害されてしまうというリスクがあります。イラストが完成した瞬間に著作権はイラストレーターに帰属することになります。

契約内容によっては、イラストの著作権を依頼主に帰属させることになっている場合が少なくありません。著作権は、フリーランスのイラストレーターにとって重要な権利です。契約にあたって著作権の帰属や帰属する条件などをしかっり取り決めておくことが必要になります。

フリーランスのイラストレーター案件を獲得する3つの方法

フリーランスになったばかりの頃は、案件をなかなか得られずに不安を感じることもあるでしょう。どうすれば自分の要望に合った案件を探すことができるのでしょうか。フリーランスのイラストレーター案件を獲得する3つの方法を紹介します。

日本最大級のクラウドソーシング【クラウディア】

クラウディアは、会員数100万人以上の日本最大級のクラウドソーシングサービスです。高単価な非公開オファーが揃っているほか、運営会社により悪質案件の是正が常に行われています。手数料も業界最低水準を保ち、仮払い制度により報酬面の不安も払拭できます。

初めての案件獲得におすすめです。取引方法はタスク方式・コンペ方式・プロジェクト方式などありますから、自分にあった方法で案件を確保していきましょう。

リモートワーク専門のフリーランスエージェント【リモートビズ】

リモートビズは、リモートワークに特化した求人サイトです。高単価な直案件が多く、実働単位での給与支払いになりますから、安定した報酬を得ることが可能です。専門のコンサルタントがサポートしており、活動の支援や好条件の案件紹介を受けることができます。

まとめ

フリーランスのイラストレーターは、求人サイトやエージェントを活用すれば、案件の獲得が難しいということはないでしょう。

もちろん、継続した案件や指名依頼の案件を獲得するための努力は必要です。タスク管理を徹底しながら、相場を大きく下回る案件を請けないようにして、丁寧な仕事で実績を積んでいきましょう。そして、自分の作成したイラストの著作権の帰属について契約内容を必ず確認しておきましょう。フリーランスだからこそできる働き方や挑戦できることを前向きに取り組んでください。