フリーランスとして活動をするうえで、「名刺は必要なのか?」と疑問に思う人は少なくないでしょう。しかし、フリーランスとして案件を増やしたり、顧客との関係性を構築したりするうえで、名刺は重要なものとなります。

本記事では、フリーランスに名刺が必要なのか、そのメリットや作成のポイントについて解説します。名刺の作成を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスは名刺に何を書くべきか

フリーランスとして働く場合、名刺にはどんな内容を記載すべきでしょうか。会社員であれば肩書や業務内容は明白ですが、フリーランスの場合は、そうした要素が定まらない場合があります。社会的信用が比較的低いといわれる業態ですから、どのような情報を載せればクライアントの信用が獲得できるのか、解説していきます。

氏名や住所など連絡先がわかる情報

名刺を作る目的は、社会的信用性を確保することです。氏名は当然ですが、住所など連絡先を開示しておけば、相手方から連絡がある際もスムーズになります。基本的には電話番号やメールアドレスも記載しておけば、連絡手段に漏れがありません。名刺を作成する際は、基本情報として押さえておきましょう。

肩書や業務内容など仕事の内容がわかる情報

実際にどんな職業なのか、どんなスキルを持っているのかを記載しておきます。肩書や職業の記載があれば、名刺を交換した後に、どんな人であったか覚えてもらいやすくなります。そして、「この案件ならお願いしよう」と商談につなげるケースも少なくありません。

そのため、どんな人物であるかを説明できるものは、端的に厳選して記載することが重要です。複数のアドレスやプライベートの電話番号を載せる必要はないため、分かりやすい構成を心がけることが求められます。

フリーランスならSNSを記載

どのような入り口からでも仕事につながるよう、SNSを名刺に記載するのも有効です。現代社会では、SNSやメッセンジャーアプリでクライアントとやり取りすることがスタンダードになりました。

また、こうした連絡ツールとしての機能とは別に、SNSアカウントを使って仕事につなげるということも可能です。タグを作って定期的に投稿を続けていけば、その投稿自体がSNS上での信用形成となります。SNS上でクライアントから、声をかけられる可能性を上げておくことも、事業戦略として有効です。

フリーランスが名刺を作るメリットとは

フリーランスに名刺の活用が求められる場面には、一体どのようなケースがあるのでしょうか。インターネットでの案件獲得が増え、またフリーランスという業態を考慮すれば、必ずしも名刺は必要ではないともいわれています。名刺を持つことにどのようなメリットがあるのか、解説していきます。

社会的信用を創造できる

フリーランスの案件獲得に、営業には欠かせない要素であるといえます。その際に、自分がどんな人物であるのか証明するものを持ち合わせていなければ、信用して仕事を紹介してもらえないのです。自己紹介とともに肩書や業務内容、連絡先まで掲載した名刺であれば、より高いビジネスチャンスに巡り会える可能性があります。

近年は、名刺管理アプリの発達で、管理している名刺の中からワーカーを選ぶというケースが増えてきています。名刺を作れば、互いに交換を済ませるだけで、仕事依頼のスタートラインに立つことができるようになります。

取引先に自分を覚えてもらえる

人間の脳は1日でおよそ7割の情報を喪失してしまうといいます。単に自己紹介をしただけでは、多くの場合忘れ去られてしまうのです。同じ職種・就労形態のライバルは星の数ほど存在します。まずは、あなたの名前と顔を覚えてもらうことを目標に、名刺活用法の模索が必要です。

また近年は、表面のデザインだけでなく用紙や形状にこだわった名刺が多く登場しています。ひと目見たら忘れないような名刺は、ビジネスを展開する上で、強い武器となるでしょう。

ただし、あまりにも奇抜すぎるよりも、常識の範囲内で印象的な名刺作りを心がけていくと、クライアントの記憶に残る人物に近づいていきます。

将来的な契約へ繋がる可能性がある

名刺を交換したその場では契約に結びつかなくても、その後クライアントから連絡が来るということは珍しくありません。どんな業務を任せられる人物かがすぐにわかる、そんな名刺作りが求められています。

また、名刺交換をした相手とは別の会社から声がかかることもありますから、どんなつながりでも逃さないよう、名刺作りにトライしてみてください。BtoBのビジネスモデルでは、消費行動を起こすまでのスパンがBtoCの取引に比べ、非常に長いといわれています。紹介から商品・サービス購入時に至るまで事業者同士をつなぎとめる名刺の効果的な活用が求められでしょう。

フリーランスの名刺作りに使えるサービス

名刺作りに必要な工程は、記載情報・デザイン・印刷紙の選定などと段階的に分かれています。一括してプロに任せる方法もあれば、それぞれの工程を自身で進めることも可能です。名刺作りに有用なコンテンツが多数登場していますが、その中から厳選して3つのサービスをご紹介します。

プロに任せてクオリティを担保「グラフィック」

高精細でクオリティの高い名刺を求める人は、「グラフィック」がおすすめです。最短当日の納品が可能で、土日祝日の営業にも対応しており、安心して利用できます。名刺加工も豊富で、「角丸加工」「三つ折り」「箔押し」「ビビッドカラー印刷」などに対応しています。最低10枚から注文できるので、試しに作ってみたいという人にも最適なサイトといえるでしょう。

「グラフィック」をはじめ、多くの印刷専門業者によるサービスが展開されています。初めての名刺作りで失敗したくない場合には、手堅い選択としてプロの技術に任せるケースが多いようです。クオリティが高くなる一方で、画一化されたデザインで目立ちにくいという指摘もありますから、無難さと創造性の両立は厳しいともいえます。

自分で好みのデザインを作成「Design Maker」

業者に発注をしたくても好みのデザインがないという場合、名刺を自作するという選択肢もあります。「Design Maker」なら誰でも手軽に名刺作りができるガイド付きで、素材の組み合わせも自由自在です。また、ツールのアップデートにより、どの素材を加工しているのか分かりやすいサムネイル表示が可能となりました。

説明を読むだけでは分かりにくいという人に向けて、操作方法が動画でも公開されています。作業工程が目で確認できますから、気になる人は確認してみるとよいでしょう。名刺は当日発送可能でデータ注文にも対応していますから、「Illustrator」などの編集ソフトで作成してから発注することも可能です。

スマホアプリでも作成できる「Canva」



このサービスも自分好みのデザインを作れるのが特徴です。さまざまテンプレートが用意されており、instagram・twitter・YouTubeでの投稿用に設計されたデータも完備されています。事業のために統一されたデザインを作成すれば、包括的なビジネス展開に利用できるでしょう。

Canvaは、スマートフォン用アプリに対応しており、アカウントに紐付いた編集がどこでもできてしまいます。思いついた構成をすぐに反映できますから、より創造性の強い印象的な名刺が作成可能です。あくまでデザイン作成のサービスであり、印刷は自己負担となります。ですが、用紙にはこだわらないという場合には、デザインの作成だけでも十分でしょう。

フリーランスの案件獲得サービスを利用する

フリーランスの案件獲得には、スキルアップや実戦経験の積み重ねと同様に、営業も大切です。業務の受注には、自身の能力をより良く見せる創意工夫が重要となってくるでしょう。名刺を活用するだけでなく、自身の売り出し方についても考慮することが求められています。ここでご紹介する各種サービスでは、案件獲得の包括的なサポートを受けることができます。

日本最大のクラウドソーシング【クラウドワークス】

クラウドソーシングとは、クライアントとワーカーをつなぐサービスで、ほとんどのフリーランスがこうしたマッチングサイトを活用しています。その中でもクラウドワークスは国内シェアNO.1であり、約300万件もの仕事発注数があります。

高単価な案件はもちろんのこと、実績や経験がなくても始められる案件も多数掲載されています。事前仮払い制度で報酬未払いの問題もカバーしていますから、フリーランスでの仕事を始めてみたい人におすすめのサービスです。

案件を獲得して業務をこなしながら実績を作り上げることが、フリーランスの社会的信用へつながります。200種類以上の仕事がありますから、あなたに合う業務が必ず見つかるでしょう。

日々の仕事に【FREENANCE】で保険をかける

フリーランスの仕事に保険をかける事業が増えています。病気やケガをしたり、業務上のミスでクライアントや消費者に損害を与えてしまったりすると、その負担はすべて自分へ降りかかります。働けなくなれば所得はゼロになり、損害賠償ともなれば高額の請求となる場合もありますから、そのようなリスクの対処が社会的に求められているのです。

そこで奨励されているのが保険への加入です。FREENANCEは無料の「あんしん補償プラン」を提供しており、「業務遂行中の事故やPL責任に最高5,000万円補償」「情報漏洩や納品物の欠陥による賠償も最高500万円補償」といったように手厚いサポートが受けられます。

事業への信頼を担保する意味でも、保険への加入は極めて効果的です。安心・安全な取引の実現へ、保険の選択肢を常に考えることも有効でしょう。

まとめ

フリーランスの名刺作成は、信用性の確保や案件獲得手段の拡大につながるでしょう。自身にどのようなスキルや実績があるのかを紹介する入り口として、作成することをおすすめします。

またインターネット上での案件獲得が増え、紙媒体の名刺は重要性に欠くとの意見もある中でも、名刺は1つの個性となり得るのです。多くのフリーランスがひしめき合う社会で業務の受注を獲得するためには、同業他社との差別化が必要となります。印象に残る名刺を手元においてもらう、というだけでも案件獲得を考える上で戦略となるでしょう。

クライアントに選ばれやすいだけでなく、名刺の情報を通じて紹介を受けやすいというのも、複数案件を得たいフリーランスにとって好条件となります。名刺作成に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。