【宗田 いとみ(むねた)さんのプロフィール】

北海道網走市出身。大学卒業後は手に職つけるためにエンジニアとして4年間働く。
その後転職をし、現在までWEBデザイナーとして10年間働き続ける。
登山をするために海外にも行きながら現在はフリーランスとして仕事をし続けている。

これまでの私

手に職をつけるためにエンジニアへ

ーーまずは現在の仕事内容を教えてください。

現在はフリーランスのWEBデザイナーとして働いています。

10年以上WEBデザイナーとして活動していて、去年の2月に家を解約して完全にフリーランスで働き始めました。海外でも日本の仕事をする機会があり、登山や自然豊かなところを目的に旅をしながら働いています。

ーー最初に就職されたご職業を教えてください。

新卒でエンジニア職に就職しました。大学は哲学科でしたが、何か手に職が欲しい、会社を辞めても働けるようにはしたいという思いが大学在学中に強くなっていったのがきっかけです。専業主婦にはなりたくないということもあり、エンジニアという仕事を選んで一度就職しました。 

ーーエンジニアのスキルは大学で学ばれたんですか。

当時大学は文系だったので、大学では学びませんでした。就職活動時に入社時からエンジニアの教育をする会社さんがあったので、4年間その会社さんでプログラミングのスキルを磨きました。

会社での隙間時間がきっかけでWEBデザイナーに

ーーなるほど。次に就職した会社様にもエンジニア職として入られたんですか。

違う職に転職しました。
前職では4年間エンジニアを他の会社に派遣するような会社でした。
結構体力がすり減ることもあって、4年間働いてちょっと自分にはエンジニア自体が向いてないな、と思ったのがきっかけです。
その後普通の会社のシステム管理をするような会社に転職し、いつものルーチンワークをこなすようなお仕事をしていました。
そのような形でその会社さんで働いていましたが、業務と業務の空いた時間を有効活用するために、ホームページを作らないか、と上司の方から言われたのがきっかけでWEBデザインを仕事を始めました。そこから10年以上続けていますね。

ーーエンジニアからWEBデザインのお仕事に変わって良かった点を教えてください。

最初プログラマーからデザイナーに変わったときは、デザインをみれば答えが出るので分かりやすくて良かったです。あとは結構一人で完結できることです。プログラム開発は大規模開発にずっといたので、最後に各担当領域のプログラムを合わせるテストがありました。自分が作ってるものが自己完結できないというか、「皆で作っているものを合わせて初めてこれが正解なのか」とわかる緊張感が苦手でした。

どうしても私のところで止まってしまうので、「こんなはずじゃなかったんだけどな」と思いながら修正をしていました。でもデザインだと誰に迷惑をかけることもなく、見れば答えがわかるので、やりやすいですね。

世界旅行に行くために家を解約

ーー現在はフリーランスとして活動中とのことですが、いつからフリーランスになられましたか。

去年の2月くらいです。

ちょうどコロナと重なってしまいましたが、私が元々旅好きなのもあり、去年の2月くらいに世界旅行に行きたいなと思い立ちました。それで東京の家を解約して、リュックとパソコンだけを持って、「旅行しながら時々仕事もできたらいいかな」というノリで仕事を辞めました。

その前からフリーランスではありましたが、企業に行って常駐するようなほぼ会社員と変わらない形で仕事をしていたので、今みたいに自分で仕事を取ってきてずっとリモートで仕事をする、というのは去年の世界旅行がきっかけです。

ーー最初にフリーランスになろうと考えた時、不安はありませんでしたか。

いきなり会社を辞めて独立する、なら凄く怖かったと思いますが、きっかけは「旅行に行くから会社を辞める」だったので、とりあえずウキウキしながら会社を辞めました。

それで去年の2月からネパールに行っていましたが、コロナで身動きが取れなくなってしまいました。そのため、リモートで日本から仕事をもらおうと思っていましたが、ネパールの生活費が安くて月5万円あれば生活できるんです。激安案件でも案件もらえたらラッキー、ぐらいの軽い気持ちだったこともあり、あまり不安とかはありませんでした。東京で暮らしていて家賃も高かったら怖かったと思うんですけど、東南アジアで生活していたのが功を奏したと思います。

ーーネパールにいた時に案件はどのように取っていましたか。

ほとんどクラウドワークスで案件を獲得していました。あまり気にならなかったんですが、日本と時差が3,4時間くらいあったので、ミーティングの時間を間違えないように気をつけていました。ただ、仕事をする際にあまりコミュニケーションを取らなくても良い環境だったので、ミーティングもお仕事をさせていただく方と最初だけZoomを繋いで、それ以降はチャットでのやり取りが多かったです。そのチャットもあまり頻度が無かったので、そんなに時差も気にならなかったです。 

ーーネパールで仕事していて困ったことはありますか。

困ったことはネパールだったので、電源の確保やWi-Fiの有無の問題がありました。 
その他だと停電もよくありました。納品のタイミングで停電されるときがあり、ネパールにいる、ということを先方に伝えていない状況だったので、凄く冷や汗が出ました。

そんな状況でもスマホは繋がったので、スマホから分割してデータを送り、無事納品できたので本当に良かったです。
 
日本に帰ってきたときにその点は本当に素晴らしいと思いました。 

幸福度が百倍以上に!現在の過ごし方

ーー忙しい時は一週間にどのくらい案件を回しているんですか?。

私はあまり大きな案件を受けていなくて、様々な会社さんから単発の案件をもらうこともあれば、継続案件をもらって仕事をすることもあります。なので何案件受けているかはその時によって変わりますが、忙しい時は複数の案件をずっと抱えています。

ーーワーケーションしているときも仕事を入れることが多いですか。

そうですね。私はワーケーション中も仕事をすることが多いのですが、移動しながら仕事をしていると、あえて休みを作る必要が無く、「ここにいるだけで嬉しい」という気持ちになります。窓から自然の景色が見えるだけで凄く満足するので、ぼーっと見てるのも暇だし、じゃあ仕事しようかなということが多いです。

ーーそれではワーケーション中は仕事と休みを両立できているんですね。 

そうですね。登山に行くときは丸一日休みを取るのですが、それ以外は一日のどこかでは仕事をしていて、途中で30分の散歩をするだけで凄くリフレッシュできます。 

ーー会社員時代と比べると拘束がないというのが大きな満足度の違いになりますか。

とてもそれはあります。 
晴れてる日の日中とか、会社員だとちょっと散歩行ってきます、のようなことができないし、自由にスケジュール立てられるのがフリーランスになってよかったなと思います。自分でスケジュールを変えて夜中とかに仕事もできますし、満足度は大きく上がりました。

会社員時代は朝から晩までずーっとオフィスにいたので、本当にリフレッシュできず、それを20年間も続けました。 
満足感とかモチベーションは全然違いますね。 今のほうがウキウキして働いています。 
本当に幸福度凄く上がりました。百倍以上です!

趣味の登山で最高の生活を

「ヒマラヤトレッキング」にネパールへ

ーーネパールへはどのような目的で行かれていたんですか。

趣味が登山なので、ネパールへは登山を楽しみに行っています。

ーーなるほど。エベレストはネパールでお間違いないですか。

そうですね、ネパールと中国の国境です。ヒマラヤトレッキングにネパールに行きました。
自然豊かで最高に楽しくて、Wi-Fiがあればずっと居たいと思います。

ーーヒマラヤ山脈は自然豊かということもあり、Wi-Fi環境はなかったですか?

それがヒマラヤ山脈のトレッキングルートにはWi-Fiが通っています。スマホで情報をチェックするくらいですが、使えました。でもトレッキングルートの中に少し大きめな村があって、そこだと住めるんじゃないか、というぐらいWi-fi速度が速かったですし、Youtubeも見れたので、ここでずっと生活できるんじゃないかと思います。

ーー日本で転々としているときも自然豊かなところを目的に行くことが多いんですか。

そうですね。とにかく登山が好きなので、山に登れそうな、山が近くて自然が豊かなところがいいなと思ってふらふらしています。昔はほぼ毎週末長野の山に通っていましたが、登りすぎたこともあって少し飽きてしまいました。それで今は日本では山にあまり登っていません。海外に行くと登ったことない山がたくさんあるので、それが楽しくて海外に行きたいなと思っています。 

自然あふれる場所や民宿でのワーケーション

ーーワーケーションではどのような場所に泊まっていますか。

田舎の自然あふれるペンションや温泉旅館民宿です。結構お安い民宿さんによく行っていました。あまり自分では意識していないんですけど、誰も他にお客さんがいないことが多かったです。一度だけ転々と移動しながら働いています、というエンジニアの方とお会いしましたが、それ以外は会ったことがないです。もしかしたら、仕事できる環境があまり整ってないというのもあるかもしれません。

ただ、これからどんどん整えられていくんだろうな、と思います。先週やっとWi-Fi入れたんだよ、と言ってくださる宿主さんや、私が滞在しているときに机と椅子を部屋に設置してくれた宿主さんもいらっしゃって、ワーケーションのために設備を整えていく過程を様々な施設でずっと見てきました。高いお金払うと凄く整った施設もあると思いますが、私はずっと安いところを泊まり歩いていたので、ただいまワーケーション設備準備中、という施設が多いです。

ーーお仕事は基本的にホテルでされるんですか。

そうですね。
カフェで仕事をするのは少し苦手です。トイレに行きたくなった時、パソコンどうしたらいいのかな、と思ってしまいます。また、今コロナで長期滞在、2時間とかいるのが許されない雰囲気もあり、お断り、と書いてあるところも見かけます。なので、基本的にはカフェには行きません。 

自分で何かしていく仕事を

海外で思いっきりチャレンジを

ーー宗田さんの今後のビジョンをお伺いしてもよろしいですか。

今後のビジョンは、自分で何かしてみたいと思っています。WEBデザインというお客様からご依頼いただいてから始める仕事の他に、自分起点で何かサービスを提供していくスタイルの仕事をしていきたいと思っています。

ーーフリーランスになりたい方へ、メッセージをお願いします。

私は一番、自分自身の固定費を削減できるといいと思います。生活費が少ない状態にして、毎月絶対かかる費用をできるだけ下げておくと本当に気持ちが楽になります。例えば必ず毎月5万円稼がなければいけないっていうプレッシャーと、毎月30万円稼がなきゃいけないっていうプレッシャーだとやっぱり5万円稼げばいいんだ、と思っていたほうが気持ちが軽くスタートできる。それが国によりますけど海外に行くとできるので、そこで思い切りチャレンジするのもありなんじゃないかと思います。 

会社を辞めてフリーランスになって翌月から毎月30万を稼げるだろうか、という自信は全然なかったので、「何か月あの感じが続くのだろうか」とそういうの考えちゃうと怖かったです。

私自身はコロナも重なり、偶然フリーランスで働かざるを得ない状況になりましたが、海外でフリーランスは始めやすかったので、皆さんにおすすめしたいですし、参考にしていただければと思います。

宗田さん、貴重なお時間ありがとうございました!