【Takeoさんのプロフィール】

個人事業主として、ブログやECサイト運営、ライターなどをして世界を旅している。
2015年頃、世界一周をする為勤めていた会社を退職。
旅をしながら生きていく仕事を模索し、今の仕事に至る。

世界一周のきっかけ

世界一周へと踏み出す

ーーTakeoさんの現在のご職業は何ですか。

現在は、個人事業主としてブログ・ECサイトの運営とライターをやっています。

ーー個人事業主という働き方は、以前よりされていたんですか。

いえ、もともとは2015年くらいに世界一周をするために会社を辞めて、その旅行の後に自分で稼いで生活していきたいなと思って、そこから試行錯誤して今のスタイル(個人事業主)になりました。

ーーそうだったんですね。世界一周をされる前はどのようなお仕事をされていたんですか。

世界一周をする前は、工場勤務で現場にいました。

ーーなるほど。そこで働きながら世界一周をするきっかけがあったんですか。

もともと、海外旅行には何回か行っていたんですけど、やっぱり働きながらの海外旅行となると時間が限られるじゃないですか。そこで、長く旅をしたいなとずっと思ってはいました。

欧米の方とかって、夏休みを1か月とかクリスマスで1か月休みを取ったりするというのを結構聞いていたので、それを聞いても改めて長く旅をしたいと思いました。

どうしても1週間くらいだと詰め込むような旅行になるじゃないですか。でも自分がやりたいのはそれじゃないなと思って、住むように旅するみたいな、予定を詰めすぎないとか行き当たりばったりで旅行したいと思いました。

ーー1年半かけて、世界一周をしたんですか。

世界一周というか、45か国くらい行きました。
自分の行きたいところは行って、地球をぐるっと周って帰ってきました。

世界一周する前と後

ーーTakeoさん自身の働き方というのは、世界一周をする前後で変わりましたか。

そうですね。海外の方を見ていると、仕事第一じゃなくて生きることを楽しむというのが一番で、稼ぐこととかお金っていうのは二の次というのを感じました。

日本で暮らしていくとどうしても、毎日仕事をして稼いで安定して収入を得てみたいなという事があるんですけど、海外だとそういうのが緩いのでそこで暮らしていけたらいいなとは思いました。

今はコロナの影響で日本にいるんですけど、コロナ前はずっと海外で仕事をしながら、海外ノマドをしていました。

ーーコロナ前はどこを拠点にされていたんですか。

東南アジアですね。
至るところにカフェとかWi-Fiがあるので、日本人に限らずノマドワーカーが多いですね。

個人事業主としての今

個人事業主としての働き方

ーー個人事業主として、ブログやECサイトの運営を選択された理由はありますか。

まず、ブログは世界一周をしている時に書き始めてその延長でずっと続けています。

あと、お客様がいないので自分で書いて広告を貼ったりというのを自分のペースでやっています。ECサイトの方は、自分がもともと携わっていた商品をたまたま販売できたので、それを機にやってみようかなという感じですね。未経験だったんですけど、自分でサイトも作れたのでとりあえずやってみようと思って始めました。

とりあえずやってみて失敗もするんですけど、やって失敗しての繰り返しの中で

10の中で1成功したらいいなと思ってやっています。

ーーTakeoさんのお客様というのは、個人の繋がりですか。

ブログに関しては、SEOから流入してきて、ECサイトもSEOや広告からの流入ですね。
ライターは、紹介で仕事をするって感じですね。案件内容としては、旅行系が多いですね。

生活する場所を変えながら働く

ーー前職の経験から色々なところで働くことが向いているなと感じたんですか。

そうですね。働く場所とか、時間にとらわれず生活したいというのはずっと考えていました。

飽き性で同じ場所にいることは退屈なので、生活する場所を変えながら働けるというのはすごく新鮮な気持で生活が送れますね。

ーー素敵ですね。同じ場所に長居はせずに移動されていたんですか。

1日でというより、1、2週間で移動することが多いですね。
ある程度周りのことが分かってきてからって感じです。

ーーその中で長く滞在したいなと感じる場所というのはありましたか。

いっぱいありますね。

バリ島、チェンマイ(タイ)、あとはロサンゼルスかな。

バリは海もあるし、山に行くと芸術家がいたりとか、チェンマイはタイの京都みたいな感じで、ノマドワーカーも多いですね。中心部が旧市街になっていて、至るところにお寺があるという感じです。ロサンゼルスは、雨が降らないんですよ、年に数回とか。ロサンゼルスには、南米系移民もたくさんいて、陽気な人が多いです。あとは海でサーフィンしたりとか、海沿いをランニングしている人たちがいて雰囲気がいいですね。

旅の中で大切なもの

ーーTakeoさんが旅行で大切にされていることはありますか。

気候とか人ですね。

世界一周が終わってからは同じ地域を行き来していたんですけど、その基準が割と人でした。あそこに行ったら誰がいるから次はそこにしばらく滞在しようみたいな。

ノマドワーカーを海外でやっていると、めちゃくちゃ孤独なんですよ。一人で仕事をして、一人でご飯を食べていると、誰とも喋ることなく一日が終わってしまうこともあります。そうするとやっぱり夕ご飯を誰かと一緒に食べられるとありがたいので、誰かがいるところとか誰かが住んでいるところに行きたくなります。

ーーそのような方たちとどのようにお会いするんですか。

現地の人でいうと友達の友達とか、泊っているゲストハウスでの出会いですね。

世界一周中、アフリカを縦断した時に出会った韓国の友達がいるんですけど、そこで終わりかなと思っていたら、タイのバンコクで再会してそこから定期的に会ったりとかします。

一つの出会いからずっと続いていますね。

ーーその方とは、現地で落ち合うんですか。

そうですね。その彼は、タイの方と結婚しているので、連絡を取ってタイまで会いに行くという感じです。

日本で活動

ーー日本でのワーケーションはされていますか。

コロナになってからだと、福島とかですね。福島県のワーケーション助成というのがあったので、友達と行きました。泊まったホテルもデスクが窓向きで大きくて、いい景色を見ながら仕事ができるのも良かったです。近くにコワーキングスペースもあって、ご飯もおいしいし、太平洋側の地域だったので天気も良く雰囲気も良かったので、福島はとてもワーケーションに向いているなと思いました。仕事はカフェとかコワーキングスペースでしていましたね。人の目がある方がシャキッとするというか(笑)

ーーワーケーション以外でもカフェなどで仕事をされますか。

そうですね。

行ったことのないところに行ってみたりとかしています。

ーー福島以外でワーケーションをしましたか。

大阪とか、京都、東京、兵庫、広島、福岡に行きました。

広島の尾道は結構良かったです。尾道の街並みがすごく良くて最高でしたね。

尾道に友人が住んでいるので、その時は友人の家に泊めてもらいました。

ーー広島といえば漁師町というイメージですが実際はどうでしたか。

そうですね。海があって、船の造船場というかそういうのもあって、船が行ったり来たりとか、しまなみ海道のスタート地点でもあるのでロードバイクで走っている人も多くてそこから四国に向かうとか、海からすぐ山なんですよ。そこにゲストハウスがあるんですけど、そこの丘から海が見えて見晴らしがよくて、その景色を見ながらコーヒー飲んだりとかしていました。あとは、野良猫がめちゃくちゃ多かったです。

ーーのんびりしていて素敵ですね。広島以外の場所はどのようなきっかけで行かれるんですか。

大体友人に会いに行くという感じですね。
割と色々なところにいるので、タイミングが合えば会いに行ったりとかしています。

これから行きたいとこと、やりたいこと

今後のビジョン

ーー次に行きたいところはありますか。

沖縄ですね。1年くらい住んでみたいです。

海外でいうと、行きたいところが多くて悩みますね。スキューバダイビングをやりたいので、メキシコとか行きたいですね。
メキシコは、気候も良くて陽気な人が多くてカリブ海とか綺麗なので。

ーー今後のビジョンはありますか。

ずっと思っていることなんですけど、海外に行く人を増やしたいです。

お金もそんなにかけずにサクッと行ける所もあるので、海外に行く人を増やしていくことによって、生きることに対しての新しい価値観に触れる人が増えたらいいなと思っています。

日本で壁にぶつかってふさぎこんで辛くなっているのであれば、海外でリフレッシュできるのでぜひ。物価の安い国だと、月5万円生活をしている人もいるので、少しお金を作っていくのもいいですね。

最後に一言

ーー海外に行く勇気がない方や、個人事業主になる勇気がない方へ一言お願いします。

できるかどうかとか、向いてるかどうかってやってみないとわからないので、やった方がいいと思うし、とりあえず副業でやってみたほうがいいのかなと思います。

今はインターネットも色々使えるので、ノーリスクに近い形で色々始められると思います。

あとは失敗を恐れずに、小さく踏み出すのが大事かなと思います。
0から1にするのが一番難しいので、最初の1歩が難しいのでそこをやるかやらないかで、上位何%になるんじゃないかなと思います。とりあえずやってみるみたいな。

Takeoさん、貴重なお話ありがとうございました!