フリーランスにも保険が必要?

フリーランスの活動にはリスクがつきものであり、リスクからご自身を守るために保険は必須といえるでしょう。

事前に保険サービスに加入しておくことにより、万一の事故に対して備えておくのです。

そこでフリーランスの活動にまつわるリスクや、リスクからご自身を守る保険サービスを紹介します。

フリーランスが抱えるお金の悩み

フリーランスにはお金の悩みはつきものでしょう。フリーランスは目の前のビジネスに注視して、つい事業リスクのことが疎かになりがちです。

事業リスクを軽視していると、トラブルに巻き込まれた時に対処が難しくなってしまうでしょう。フリーランスで働く人向けに、フリーランスで働く際の事業リスクについての解説や、事業リスクと向き合うための保険サービスを紹介していきます。

会社員と違ってリスクも自分で管理する必要がある

会社員は業務上の過失等で損害賠償等のリスクが発生しても実際にリスクを背負うのは企業であることが多いです。業務上の責任を負うのは企業であり、業務上で発生した損害賠償は従業員ではなく企業が責任を負います。

故意による過失ではない限り、万一損害賠償が発生してもそのリスクはダイレクトに負うことはないのです。

しかし、フリーランスは業務上で発生した責任はそのまま当人が背負うことになります。万一事故が発生した場合に備えて、そのリスク管理を事前にしておく必要があるのです。

リスクを軽減するためには保険が必要

リスクを分散させるためには、保険の加入が有効です。

保険は相互扶助という考え方のもと、保険加入者がお金を出し合って将来のリスクに備えるものです。会社員であれば従業員が将来のリスクに備えてお金を出し合うという具合です。

フリーランス向けの保険サービス

フリーランスの場合、将来のリスクに備えるためにはどうすればいいでしょうか。フリーランスにまつわる将来のビジネスリスクと向き合うために、フリーランス向きの保険サービスを紹介していきます。

フリーランスが直面する事業リスクとは

フリーランスにまつわる事業リスクにはどんなものがあるでしょうか。業務上の過失等により取引先に損害を与えてしまった場合など、想定もしないかたちで賠償責任を負ってしまう可能性があります。 

フリーランスにまつわる事業リスクについて、状況ごとに解説します。

損害賠償責任リスク

フリーランスは契約した企業に業務上の損害を与えてしまった場合に損害賠償を請求されてしまうリスクがあります。

ITエンジニアなどを専門とするフリーランスにつきもののリスクは情報漏洩です。過失などにより顧客の情報を流出した場合、相応の損害賠償を請求される恐れがあります。ウイルスに感染するなど、故意でなくとも損害賠償が発生してしまうリスクがあるのです。

傷病による就業不能リスク

会社員の場合は従業員が病気や怪我によって働けなくなった場合、所得の補償がされる保険に入ってことが多いです。団体長期障害所得補償保険と呼ばれるもので、企業が保険に加入していることで受けられるサービスです。

フリーランスの場合は、働けなくなった場合のリスクに備える必要があります。傷病による就業不能リスクはしっかりと認識しておく必要があるでしょう。

契約トラブルによる債権回収リスク

フリーランスは発注者がいてこそ事業が成り立ちます。

大半の発注者は契約通りに料金を支払ってくれますが、中には料金の支払いが滞ってしまうという契約トラブルも発生し得ます。

作業をした分の料金は請求する権利があり、それを回収できない債権回収リスクはフリーランスが直面する大きなリスクのひとつといえます。

フリーランスの事業リスクを軽減する保険サービス

フリーランスが事業リスクに向き合うためには、保険会社の利用を検討することをおすすめします。万一のことがあった時に、保険に加入しておくと安心してビジネスを進めることができるでしょう。

フリーランス専用の保険会社では保険サービスだけではなく、フリーランスならではの悩みに対応してくれます。

フリーランス向けの保険サービス

FREENANCE(フリーナンス)ではフリーランス向けの保険サービスを展開しています。前述したようなフリーランスが直面するビジネスリスクを少しでも軽減し、本業に専念するためのサービスです。会社員のように企業が後ろ盾になってくれることが少ないフリーランスにとっては嬉しいサービスでしょう。

損害賠償保険

FREENANCEでは、ビジネスにまつわる金銭リスクから守る「あんしん補償サービス」があります。

例として挙げられるのが、情報漏洩した際の損害賠償です。業務上に使用したパソコンがウイルスに感染した際に、顧客に損害を与えてしまった場合は、発注先の営業損失を請求される可能性があります。

こうした事故の請求を補償してくれるのが「あんしん補償サービス」です。FREENANCEのあんしん補償は、サービスを利用しているだけで無料付帯しているサービスです。

所得補償

FREENANCEの「あんしん補償プラス」は、怪我や病気で働けなくなったときの所得を補償してくれます。仕事中の事故や、仕事以外での怪我であっても補償の対象となるサービスです。

「あんしん補償プラス」の利用には、毎月一定の保険料金を支払う必要があります。一定の掛金を支払うことで、万一のことがあっても所得補償を受けることができます。将来の生活に向けて備えを持ちましょう。

即日払いに対応

FREENANCEでは、請求書の買い取りサービスを行っています。通常のビジネスは掛取引といって、サービスの対価を請求してから実際に入金まで日数を必要とします。

FREENANCEの即日払いサービスでは、請求書を担保に料金を前倒しで資金を調達することができます。最短で即日入金が可能であり、大いに資金繰りに役立つでしょう。

フリーランスは資金繰りに四苦八苦することも多いですが、即日払いサービスで前倒しで料金の受け取りをすることで、資金繰りが改善されます。

フリーランス支援サービスを紹介

フリーランスを支援する保険サービスを紹介します。

FREENANCEでは専用の口座を作成することで「あんしん補償」などさまざまなサービスを受けることができます。

フリーナンス口座に登録する

FREENANCEでは発注先に送る請求書の入金先をFREENANCEの口座に入力することで利用可能になります。

フリーランスとしての売上がFREENANCEの口座を経由して、ご自身の口座に振替という流れになります。口座を登録するだけでFREENANCEの補償サービスが適用され、ビジネスで起こり得るリスクからフリーランスを守ってくれるものです。

さらに、請求書の買い取りも行ってくれるため、事前に売上が必要という場合に資金調達がしやすくなるというメリットもあります。

フリーナンス会員になることで信用を強化できる

FREENANCEの会員になることで、ご自身の信用も強化することができます。FREENANCEでは厳密な本人確認と専門機関による反社チェックを行っており、フリーランスの信用を裏付けるものでもあります。

FREENANCEの口座を持っていることは反社会勢力データベースに掲載されていないことの証明にもなるのです。

発注者にも安心を得てもらえる

FREENANCEの「あんしん補償サービス」によって、万一のトラブルがあっても発注先に安心を与えることができます。

損害賠償が発生するトラブルが起きても、補償金が支払われることにより損害をカバーすることが可能です。FREENANCEは加入者だけでなく、発注先にも安心を与えられるサービスであるといえるでしょう。

金銭面での不安を解消して本業に専念できる

営業から金銭管理まで行うフリーランスには金銭面での不安はつきものです。金銭面での不安を少しでも取り除き、本業に専念することがフリーランスに重要でしょう。

フリーランスの多くがお金の悩みに時間を費やしている

フリーランスの多くは、お金に関して頭を悩ませています。営業活動から売上などの金銭管理まで、ご自身で行うのがフリーランスの仕事です。

金銭管理をすることでビジネスの流れが見えていくのもフリーランスの魅力ですが、金銭トラブルは未然に防いでいかなければなりません。金銭トラブルの予防に一番効果的なのが、FREENANCEをはじめとする保険サービスを利用することです。

お金の不安を考えず、本業に専念することが重要

フリーランスは可能な限り本業に専念するべきです。

お金の悩みを抱えていると、無意識のうちに本業に影響を与えてしまいます。

FREENANCEでお金の悩みを少しでも解消して、本業に集中するできる環境を作っていけば、フリーランスの成長の手助けになります。金銭面の不安を取り除くことで発注先の信用も増し、ますますフリーランスとして成長していけるでしょう。

フリーランスがもっと働きやすい社会へ

フリーランスという働き方が注目され、フリーランスで活動するビジネスマンが増え続けています。 

フリーランスにまつわるお金の悩みを解消するため、フリーランスを支援するサービスが増えています。

FREENANCEをはじめとする企業は、増加の一途をたどるフリーランスを支援するために社会的に必要なサービスであるといえるでしょう。

最後に

保険サービスはフリーランスを事業リスクから守るものです。フリーランスに限らず、ビジネスには想定できないリスクがつきものです。事前にリスクに備えておくことが重要です。

事業リスクと向き合うことで難しいことにもチャレンジできるようになります。リスクから身を守ることはビジネスを前進させることにも有用なのです。

FREENANCEでは無料付帯サービスも充実しており、加入することにより発注先にも安心して取引をしてもらうことができます。厳格な本人確認や反社チェックがあり、安心できるビジネスマンとして周知させることができるのです。

ぜひFREENANCEを検討してビジネスに役立てていきましょう。