在宅で働きたい人が増えている今、テープ起こしの仕事が気になる人も多いのではないでしょうか。初心者でもできる仕事ではありますが、収入を得ていくのは思っているよりも大変かもしれません。しかし働く場所を選ばないメリットもあります。テープ起こしの仕事に興味のある方は、本記事で紹介するテープ起こしの主な仕事内容や、メリット・デメリットを確認してみてください。

在宅ワークとして注目を集めるテープ起こしとは?

在宅でもできるテープ起こしとは、簡単に説明すると音声の内容を文字に起こす仕事です。多くの場合、送られてくる音声データを聞き、その内容を文字にしていきます。テープ起こしのほかに、文字起こしといわれることもあります。

音声データの内容をただそのまま文字にするだけではなく、意味のない「あー」や「えーと」などという言葉を削除するケバ取りや、ですます調の会話を「である調」に修正する整文など、指定されるさまざまな方法でテープ起こしをしていく必要があります。

テープ起こしの主な仕事内容

テープ起こしで依頼が多いのは、以下となります。

  • インタビュー
  • YouTubeの動画
  • 講演会やセミナー

音源をわざわざ文字化するのかという理由としては、音声よりも文章の方が内容を効率的に参照できるからということがあげられます。

知りたい情報があったときに、音声データの場合、巻き戻しや早送りをしてその音声部分を探し出さなくてはいけません。この作業は時間がかかってしまいます。

しかし文字化していれば、すぐにその情報がある部分を探し出すことが可能です。つまり、文字データがある方が、その後の仕事の効率がいいということです。だからこそ、テープ起こしの仕事はたくさんの募集があるのです。

初心者がテープ起こしを仕事とする3つのメリット

テープ起こしの仕事は、資格が必要ありません。誰でもやる気さえあれば、チャレンジできる仕事ともいえます。そこで、初心者がテープ起こしを仕事とするメリットを3つご紹介します。

パソコンひとつでできる仕事が多い

テープ起こしの仕事の多くは、パソコンがあればできる仕事です。音声データを受け取れ、そのデータを聞くことができれば、テープ起こしの仕事は始められます。

便利なツールもありますが、まずはパソコンがあれば問題ないでしょう。

働く場所・時間を選ばない

テープ起こしは在宅でできる仕事です。会社に出勤する必要はありません。さらには、ヘッドフォンやイヤフォンを使えば、ファミレスやカフェなどで仕事をすることも可能です。

仕事それぞれ納期がありますが、在宅でできるため、仕事をする時間も選びません。自分の都合に合わせて働けるのもメリットのひとつといえるでしょう。

知識や経験が活かせる

今まで学んできた知識や経験が活かせるのも、テープ起こしのメリットです。例えばあなたが美容系の専門学校に通っていた、または美容系が好きでさまざまな美容品を試していた場合、美容系のセミナーのテープ起こしで飛び交う専門用語に対応できる可能性が高いです。

美容系の知識がない人が美容系セミナーのテープ起こしに取り掛かると、聞き慣れない専門用語があることで時間がかかってしまいます。

このように、既に持っている知識や経験を活かす案件を選べば、効率よくテープ起こしの仕事で収入を得られるでしょう。

テープ起こしを仕事とする3つのデメリット

初心者がテープ起こしを始めるメリットがある分、デメリットもあります。ここでは、3つのデメリットをご紹介しますので、確認しておきましょう。

聞き慣れない専門用語が飛び交う案件がある

講演会やセミナーのテープ起こしの場合、専門用語が飛び交う場合があります。聞き慣れない言葉に戸惑ってしまうことも予想できますし、聞きにくい言葉は辞書を引きながら文字にしなくてはいけないこともあります。

音声データを聞いてただ文字にするだけだと思っていると、辛くなってしまうかもしれません。

思っている以上に時間がかかる

音声を聞いて文字にするのは、思っている以上に時間がかかります。音声を聞きながら同時に文字に起こしていくのは難しいため、はじめは巻き戻しを繰り返すことになるでしょう。音声を聞いて文字を書いて、そして巻き戻しての作業を繰り返すので、意外と時間がかかります。

さらに整文の依頼があった場合、会話のまま文字に起こしてから修正していかなくてはいけません。テープ起こしに慣れてくると同時に作業ができるようになる可能性が高いですが、初心者の場合は会話を文字化するのと整文をするのは、別々に行なうことになるでしょう。そのため、多くの時間が必要になるのです。

便利なツールを揃えると費用がかかる

実はテープ起こしに便利なツールがあります。音声の入力や操作を行なえるソフトウェアや、録音データのテキスト化を行なうサービスも存在しています。

とても便利ではありますが、ツールを揃えようと思うと費用がかかります。これから先テープ起こしで収入を得ていこうと思っているのであれば、初期投資してもいいかもしれませんが、多くの費用がかかることを覚えておいた方がいいでしょう。

テープ起こしに必要なスキルとは?

テープ起こしをしていくうえで必要なスキルについても解説していきます。テープ起こしは初心者でもできる仕事ですが、より多くの収入を得ようとすると能力を伸ばしていく必要もあるでしょう。

ぜひ、確認しておいてください。

速く正確に文字に起こすためのタイピング力

テープ起こしの仕事をするのであれば、タイピング力が必要です。また、タイピングのスピードも大切ですし、聞き取った内容を正確に文字に起こす力も必要です。

テープ起こしは1本仕上げるのに思っている以上に時間がかかります。しかしタイピングスピードが上がれば、この時間は短縮していくことが可能です。

巻き戻して聞き直す回数が減れば、1本にかかる時間はどんどん短くできるはずです。タイピングスピードを上げて、たくさんの依頼を受けられるようにしましょう。

専門用語にも対応できる知識

専門用語が飛び交う音声データの場合、辞書を引いたり、インターネットで検索しながらテープ起こしをしていくので、どうしても時間がかかってしまいます。しかし、専門用語の知識があれば、その時間をなくすことができるのです。

ビジネス系の知識を網羅的に覚えていくのもいいですし、ある分野に特化してテープ起こしの依頼を受けていくのもいいでしょう。

専門用語を覚え、知識を増やしながらテープ起こしの仕事をしていきましょう。

整文が必要なことが多いため国語力が必要

テープ起こしはただ音声データを文字化すればいいというわけではありません。整文を依頼されることもあるため、国語力も必要です。

間違いやすい「てにをは」を修正できるのかも大切。選択を間違えるだけで意味が変わってくるので、注意しなければいけません。

また、音声で聞き取れたとしても、どの漢字が当てはまるのか的確に文字化しなくてはいけません。そういった意味でも、国語力が必要になるといえるでしょう。

テープ起こしの仕事の3つの探し方

実際にテープ起こしの仕事をしようと思ったときに、どのように案件を探せばいいのか疑問に思うかもしれません。そこで、テープ起こしの仕事の探し方についても紹介していきます。

未経験者や初心者でもOKの仕事も多くみられるので、ぜひ参考にして仕事を探してみてください。

クラウドソーシングを活用する

初心者におすすめの仕事の探し方は、クラウドソーシングを活用することです。クラウドソーシングとは、オンライン上で不特定多数に業務を発注する業務形態を指します。

多くのクラウドソーシングが運営されているため、初心者でもできるテープ起こしの仕事も探しやすくなりました。しかしクラウドソーシングで募集されている案件の報酬は低めなことが多いです。つまり、数をこなさなくては稼いでいくのが難しいということ。

また、在宅で仕事をしていきたいと思っている人が増えているため、応募する人も増えています。クラウドソーシングでテープ起こしの募集がされていたら、応募して経験を積むようにしていきましょう。

テープ起こしの仕事を募集しているクラウドソーシングを2つご紹介しますので、まずはそれぞれのホームページを確認してみましょう。

100万人以上の会員数を誇る「クラウディア」

「クラウディア」は、100万人以上の会員数を誇るクラウドソーシングです。テープ起こしの案件の募集もみられるうえ、初心者や未経験者でも可の募集もあります。

5万円以下の仕事の場合のシステム手数料は15%です。

会員登録は無料でできるので、まずは登録してテープ起こしの仕事を探してみてください。

有名なクラウドソーシング「クラウドワークス」

「クラウドワークス」は、もっとも有名なクラウドソーシングでしょう。募集案件が多いクラウドソーシングとしても有名なので、まずはクラウドワークスに登録して仕事を探してみるのもありでしょう。もちろんテープ起こしの案件募集もあります。

システム手数料は、タスク形式の仕事と20万円以下の仕事の場合は20%です。

初心者でも可能なテープ起こしの仕事があるのか、探してみる価値があります。こちらも会員登録は無料なので、チェックしてみてください。

テープ起こし専門の会社に応募・登録する

テープ起こしの専門会社が、テープ起こしライターを募集していることがあります。テープ起こしを専門としている会社のホームページをチェックして、募集していないか探してみるのもいいでしょう。

しかし多くのテープ起こし専門会社が、経験者を希望しています。未経験の状態で応募しても契約してもらうことは難しいため、クラウドソーシングなどで探した仕事で経験を積んでから応募した方がいいかもしれません。

WEBライターの仕事の繋がりでテープ起こしの業務を受ける

WEBライターや取材の仕事の一部として、テープ起こしの業務を依頼されることがあります。そのためテープ起こしにこだわらずに、WEBライターの仕事をしてみるのもいいでしょう。

WEBライターの仕事の方が、クラウドソーシング上の募集が多いです。だからこそ、WEBライターの仕事を始めてみるのもおすすめ。WEBライターの仕事を通して、テープ起こしに必要なタイピング力や国語力を身につけていくのもいいかもしれません。

最後に

在宅でできるテープ起こしは、初心者でも始められる仕事です。しかし求めている収入を得ていくためには、能力を伸ばす努力をしていかなくてはいけないため、簡単に稼げる仕事ではありません。

それでもやってみたいと思っているのなら、ぜひクラウドソーシングで仕事を探してみてください。未経験でも可能な仕事の応募がされていることがありますよ。