Pythonは現在需要が高まっている言語の1つであり、習得したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、フリーランスになって本当に稼げるのか、不安に感じている人も多くいるでしょう。そこで、本記事ではフリーランスがPythonを使って稼ぐコツから、Python案件を獲得するための方法もあわせて紹介します。

フリーランスをこれから目指す人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

フリーランスはPythonを使って稼げるの?

結論から言うと、フリーランスはPythonで十分稼ぐことが可能です。その理由やそもそもなぜ需要が高まっているのかなど、本項目では基礎から解説します。

Pythonとは?

Pythonとはプログラミング言語の1つであり、コードを綺麗に書けることで評価が高くなります。他の言語はプログラマーによって書き方が変わってしまうことがありますが、Pythonは誰が書いても同じようなコードになるのが特徴です。

そのため、他人のコードが読みやすく、それにより開発効率を上げることが可能です。実際、多くの開発現場でPythonが使われていますし、これからPythonに切り替えようとしている企業も増えています。

Pythonは未経験からでも習得可能か?

Pythonは未経験からでも習得が可能です。なぜならPythonはスクリプト言語の1つに分類され、習得時間が比較的少ないのが特徴だからです。プログラミング未経験者でも文法を理解しやすいため、最初に覚える言語としておすすめできます。

Pythonのフレームワーク

Pythonには有名なフレームワークがいくつかあります。フレームワークとは、あらかじめ用意されているアプリやサイトの部品のようなものです。システム開発をしていると、「どんなシステムでも必ず使われるもの」があることがわかるでしょう。

たとえば、Webサイトにログインするための画面や、ユーザー用のマイページ画面などです。こういった絶対に使う機能は、1から作成するより、あらかじめ用意されていた方が、開発が楽になります。

フレームワークを使えば、こういった機能が最初から用意されているのです。多くの現場でフレームワークが使われていますので、Pythonを学ぶ場合はフレームワークも勉強するとよいでしょう。

Pythonエンジニアの需要が高まる背景とは?

Pythonエンジニアは現在需要が高まっています。その理由について詳しく解説していきます。

Pythonの将来性

Pythonは将来性が高い言語であるといえます。プログラミング言語ランキングでも、Pythonは上位に入っており、世界中で期待されていることが分かります。Pythonは学習コストが少ない上に、言語として優秀であるため、今後さらに人気が出ると推測されます。

Python案件も年々増えてきており、Pythonを扱うフリーランスの活躍の場も広がっていくでしょう。

<h2>Pythonエンジニアの案件の3種類

Pythonエンジニアの案件の種類を紹介します。Pythonはさまざまな開発に利用することが可能ですが、特に多いのは次の3つの案件です。

  • Webアプリケーション開発
  • 人工知能開発
  • データ分析

Webアプリケーション開発

私達が普段使っているWebアプリの一部はPythonで開発されています。例えば、「Amazon」や「楽天」などのECサイト、「Twitter」などのSNSなどをPythonで作ることが可能です。

スマホの普及によりWebアプリを使う機会が増えたため、Webアプリ開発の需要は高まる一方でしょう。

人工知能開発

Pythonは、人工知能開発にも活用することができます。なぜ人工知能開発に使われるかというと、Pythonは機械学習などに必要で複雑な計算を得意としているからです。たとえば、過去の商品購入データから将来売れる商品を予測するツールなどの開発が可能です。

人工知能は現在注目されている技術分野のため、案件数も徐々に増えています。

データ分析

Pythonでデータ分析を行う案件も増えています。例えば、SNSから会社の評判を抽出し、種類別にまとめるツールなどの開発が可能です。昨今、SNSなどに膨大なデータが蓄積されてきたため、それらをどう活用するかは企業課題となっています。

フリーランスがPythonを使って稼ぐための3つのコツ

フリーランスがPythonを使って稼ぐためのコツを紹介します。コツはいろいろありますが、まずは次の3つを意識すると良いです。

  • 数学や統計、データ分析などの知識を身につける
  • ポートフォリオを作成して営業する
  • 上流工程の仕事の経験があると望ましい

それでは、各ポイントを解説します。

数学や統計・データ分析などの知識を身につける

Pythonは、データ分析や人工知能開発でよく使われます。こういった開発を行うには、Pythonのスキルだけでなく、数学や統計の知識も必要です。大学の基礎数学レベルの知識があると、より獲得できる案件の幅が広がります。

ポートフォリオを作成して営業する

ポートフォリオとは、自分が今まで開発したサイトやアプリをまとめたものです。ポートフォリオを営業時に提示することで、自分の技術力アピールに説得力が増し、案件獲得率がアップします。Pythonを勉強したらポートフォリオを作成して営業を行っていきましょう。

上流工程の仕事の経験があると望ましい

できれば要件定義や設計書作成などの上流工程の経験があると望ましいです。上流工程の仕事は単価が高いため多く稼ぐことができます。フリーランスは現状維持で満足せず、常に上を目指していく姿勢が重要です。

ある程度Pythonで稼ぐことができたら、上流工程の仕事にもチャレンジしましょう。

Pythonのフリーランス案件を獲得する3つの方法

Pythonのフリーランス案件を獲得する方法を紹介します。獲得する主な方法は次の3つです。

  • クラウドソーシングで探す
  • フリーランスエージェントを活用する
  • 「Twitter」などのSNS経由から獲得する

クラウドソーシングで探す

「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのサイトには、Python案件が多く掲載されています。単価は高くありませんが、未経験者でも応募可能な案件も多いので、駆け出しの頃はクラウドソーシングを使うのがおすすめです。

フリーランスエージェントを活用する

フリーランスエージェント経由でもPython案件を獲得可能です。フリーランスエージェントに希望条件を伝えると、担当者がそれに合った仕事を紹介してくれます。自分で案件を探すよりも効率的ですし、担当者がサポートしてくれるので安心です。

3つの方法の中で、もっとも安定して案件獲得しやすくおすすめできます。

フリーランスエンジニアの豊富な案件なら【midworks】

「Twitter」などのSNS経由から獲得する

自分で営業を行い、「Twitter」などのSNS経由から仕事を獲得する人もいます。「Twitter」でも一部の企業はエンジニアを募集しています。クラウドソーシングと違い手数料もかかりませんので、手取りを多くすることが可能です。

ただし、簡単に案件獲得できるとは限らないので、獲得できたら運が良かったという程度に考えましょう。

Pythonのフリーランス案件を獲得できるエージェント3選!

Pythonのフリーランス案件を獲得する最もおすすめの方法は、エージェントを活用することです。そこで、おすすめのフリーランスエージェントを3つ紹介します。

  • 「IT求人ナビ フリーランス」
  • 「IT転職エージェント@PRO人」
  • 「PRO WORKS-プロワークス」

「IT求人ナビ フリーランス」

「IT求人ナビ フリーランス」は、フリーランスサポート歴13年のフリーランス向けのエージェントです。高単価案件が多く、Python案件も多く保有している点が魅力といえます。業界歴が長いため、多くのIT企業と繋がりがあり、案件保有数が多くなっています。

「IT転職エージェント@PRO人」

「IT転職エージェント@PRO人」は、手厚くサポートしてくれるのが魅力のエージェントです。どんな案件がよいのか、重視する点は何か、など丁寧に話を聞いてくれます。利用者からは「しっかりと相談に乗ってもらえる」と評判です。

「PRO WORKS-プロワークス」

「PRO WORKS-プロワークス」は、業種の知識が豊富な担当者が多いことが魅力のエージェントです。企業とフリーランスのミスマッチを防ぐために、Python案件について深い知識を持っています。また、サイトに公開されていない非公開案件が多くあるのも特徴です。

非公開案件は他社よりも高単価であったり、待遇が良かったりするケースが多くなっています。

最後に

本記事では、フリーランスがPythonで稼ぐコツについて解説しました。Pythonは需要が今後さらに高まると推測される言語です。フリーランスもPythonを使って稼ぐことが可能ですので、「稼ぎたい!」と思う人はぜひ勉強してみましょう。

勉強後はフリーランスエージェントに登録して案件を探すのがおすすめです。その際は、ぜひ本記事を参考にしてください。本記事が駆け出しフリーランスの方や、フリーランスを目指す方にとって、有意義なものとなれば幸いです。